ゆるいろぐ

育児のことや旅行のこと、その他日常などをゆる~くいろいろと書いていこうと思います。

秋葉山圓通寺に参拝してきたよ!【初詣】

こんばんは。
結婚するまで毎年お正月と大晦日に、お墓参りと家の近くの神社・熱田神宮・圓通寺・護国神社に参拝していたゆっきぃです。
結婚してから、年末年始に名古屋に帰省しているときには必ず行っています。

今日は秋葉山圓通寺について書いていきます!

秋葉山圓通寺

熱田神宮のすぐ横にあり、熱田の両参り「熱田さま」「秋葉さま」として親しまれている秋葉大権現は火の神様として敬われ、火防守護・家内安全・除災開運・授福繁栄の神様でもあります。

場所

住所は、名古屋市熱田区神宮2丁目3
熱田神宮のすぐ近くにあります。
境内には、最大で普通車を80台停められる駐車場があります。

アクセス

1.名鉄 名古屋本線 神宮前駅
  西口から徒歩5分

2.名古屋市営地下鉄 名城線 伝馬町駅
  1番出口から徒歩3分

駐車場があるので車でも行くことができますが、祭典行事などがあるときや12月31日の夜から1月5日までは駐車場が使えません。

公共交通機関で行きましょう。

ホームページのリンク

秋葉山圓通寺のサイトはこちら。

一度サイトで確認してから行くことをオススメします!

元日の参拝

秋葉山圓通寺は、大晦日には行かずに元日に行っています。
毎年たくさんの人が訪れていますよ!

元日のときは、まず金山駅に車を停めてから電車で神宮前駅へ行きました。
電車を降りてホームに立つともう人が多い!人の流れに沿って西口のほうへ。
この時点で10時頃。

f:id:yukky28:20180129160731j:plain
駅を出ると、さらに人がたくさんいました。

f:id:yukky28:20180129160821j:plain
先に圓通寺へ行くため、熱田神宮の出口の前を通り・・・

f:id:yukky28:20180129160849j:plain
車両通行止めされた道路をずっと真っ直ぐ進むと圓通寺に着きました。

歩道には、ず~っと屋台が続いていました。
そのためか、歩道を歩く人が多くて車道を歩く人は少なかったですね~。
おかげで歩きやすかった(笑)

f:id:yukky28:20180129160927j:plain
圓通寺まで歩いている途中には、熱田神宮の鳥居に続く道が。
ここにも屋台がいっぱい並んで、たくさんの人で賑わっていました!
私も何か食べたかった(笑)

f:id:yukky28:20180129161004j:plain
しばらく歩いて圓通寺に着くと、立派な幟が出迎えてくれました。
青空に映えていい感じ。

f:id:yukky28:20180129161029j:plain
境内に入ってすぐ左側に、こんなに大きい屋台がでています。
奥にテーブルと椅子も用意されていて、その場で飲んだり食べたりできます。

f:id:yukky28:20180129161059j:plain
他にも、甘栗やドライフルーツを販売している人たちもいましたよ!
左側に車が停まっていますが、屋台や販売をしている人たちの車だと思います。
ちなみに、右端に大きめの後ろ姿で写っているのが私。髪の毛の色がもう本当にやばい(笑)早く髪染めたい!

f:id:yukky28:20180129161326j:plain
右側に写っている手水舎で清めて

f:id:yukky28:20180129161358j:plain
順番に並んで常香炉で煙を浴びて、再び並んで本堂前で参拝。
参拝後は、父がお札を買いに行ったため端によって待ちました。

f:id:yukky28:20180129161504j:plain
奥には毘沙門天も祀られていました。父を待っているときに発見。

f:id:yukky28:20180129161522j:plain
そして父と合流して、圓通寺の横の道を通って熱田神宮へ。

圓通寺の参拝はこれで終わりです。

最後に・・・

初詣客がたくさんいてとても賑わっていました。
参拝客は駐車場が使えないので、公共交通機関で行くのが一番ですね!
あと子供と一緒に行くときは、ベビーカーではなく抱っこひもを使う方がいいですね。
本堂前は階段だし、人が多くてベビーカーだと人にぶつけてしまったりして危ないので。

近くにたくさん屋台がでているし、境内にもテーブルに椅子もある大きい屋台があるので、屋台グルメも楽しむことができると思います!
お昼ご飯とかも済ませることができそうですね。
私も何でもいいから何か食べたかった(笑)

初詣の関連記事はこちら。

www.yuruilog.com

 

www.yuruilog.com