ゆるいろぐ

育児のことや旅行のこと、その他日常などをゆる~くいろいろと書いていこうと思います。

ゆるいろぐ

鴨川シーワールド ブログ 子連れ 赤ちゃん コロナ
RISUきっず お試し キャンペーン 口コミ ブログ
子供 閉め出された 対処法
柏屋薄皮饅頭 ブログ 日本3大まんじゅう 福島 賞味期限

和歌山アドベンチャーワールド:動物との距離が近い!ふれあい広場を子連れで楽しむ方法とは?

 

訪問ありがとうございます!

とても広く、5つのエリアからなるアドベンチャーワールド。

今回は、その中でも特に動物たちとの距離が近い『ふれあい広場』を、主人と5歳の娘(当時)と楽しんできた様子も含めて紹介します!

アドベンチャーワールドのふれあい広場はどんなところ?

ファミリー広場の奥にあるホースキャンプと、遊園地となっているプレイゾーンに挟まれた位置にある『ふれあい広場』。

動物園の花形のようなゾウやキリン、ライオンなどの肉食獣などはおらず、うさぎやモルモットなどの触れ合いやすい動物や鳥やサル、カバなどの小・中型の動物が暮らしていました。

f:id:yukky28:20210126221957p:plain

公園と小さな動物園が一緒になっているような感じ。

 

ふれあい広場で体験できるプログラム

開催時間などが決まっているプログラムは6種類。

  • うさぎ・モルモットとのふれあい
  • カワウソの食事タイム
  • カバフィーディング
  • ゴシキセイガイインコおやつタイム
  • うきうきチンパンジー教室
  • カピバラウォーキング

うさぎ・モルモットとのふれあい

膝の上に直接ではなくカゴに動物が入った状態で乗せるため、少し苦手な人や初めて動物に触る子供などでも安心して触れられるプログラム。

毎日開催されていて、実施時間は当日のパークガイド・公式サイト・ふれあい広場の案内板で確認できますよ。

f:id:yukky28:20210126221957p:plain

このプログラムの体験談は後ほど~!

 

カワウソの食事タイム

ここ最近特に人気のあるコツメカワウソの、食事シーンを観察できるプログラム。

餌はあげられないよ!可愛い姿を観察するだけ。

 
  • 毎日実施
  • 所要時間は約10分

実施時間は、当日のパークガイド・公式サイト・ふれあい広場の案内板で確認できますよ!

カバフィーディング

他の動物園ではあまり聞いたことがない、カバに餌やりができるプログラム。

 
  • 料金:1回 500円
  • 定員:実施時間内に並んだ人だけ
  • 雨天の場合は中止。

他のエリアと違って、事前予約がいらず直接行って実施時間内に並ぶだけだから楽!

毎日実施されているけど、実施時間が分かるのは当日のパークガイドとふれあい広場にある案内板だけ。

ゴシキセイガイインコおやつタイム

”ゴシキ”って名前の中に入っているだけあって、色鮮やかなインコ!

このインコにおやつをあげられるプログラムなんだけど、私たちはタイミングが合わずに断念…。

 
  • 料金:1回 200円
  • 時間:実施時間内のみ。
  • 毎日実施

実施時間は、当日にパークガイドで確認するかふれあい広場の案内板で確認してね!

f:id:yukky28:20210126221957p:plain

インコに餌やりってあんまりできない体験だし、やってみたかった…。

 

うきうきチンパンジー教室

プログラム名に”教室”ってついているから、チンパンジーの姿を観察しながら飼育員さんが解説とかしてくれるんだと思う…。

私たちは時間が合わず、参加できなくてちょっと残念。

賢い動物って言われているし、もし次に行くことがあれば参加してみたい!

土・日・祝日に開催されているんだけど、夏休みなどの長期休みのときも開催されそうだけどどうなんだろう?

実施日・開催時間は、当日のパークガイドや公式サイトでも確認できますよ!

カピバラウォーキング

飼育員さんの解説を聴きながら、カピバラがお家に帰るところを間近で見れるプログラム。

 
  • 場所:ふれあい広場内
  • 毎日実施
  • 時間:寝室へ帰る時間帯

のんびりした動物だからか、草を食べているところとか寝そべってる姿は見たことがあると思います。

でもこのプログラムなら、おうちへ帰る姿=トコトコ歩く可愛い姿が間近で見れます!

まあ私たちは、初日の悪天候&開催時間になるまではいなかったから見れなかったけど…。

こちらも、開催時間は当日のパークガイドや公式サイトで確認できますよ!

ふれあい広場で餌やりができる動物

サファリワールドと同様に、予約や受付がいらず時間帯も気にせずに餌やりができる動物がいます。

フラミンゴやエミューなどに、1回200円で餌やりができます。

餌やりができる動物の近くにはおやつ販売機があって、手軽にできるのが良き。

100円玉しか使えず、ふれあい広場内には両替機が無いため、やや多めに用意しておくのが良いかも。

ちなみに一番近い両替機は、ふれあい広場のお隣のプレイゾーン『わんわんガーデン』付近にあります。

www.aws-s.com

動物との距離が近くて楽しいふれあい広場を歩く


さてさてやってきました、ふれあい広場。

3カ所ある出入口のうちのひとつ、ゴシキセイガイインコのハウスの横からふれあい広場内へ。

もちろん、ゴシキセイガイインコのハウス内を通っても行けますよ!

ふれあい広場内で、唯一餌やりをしたフラミンゴ。

10羽くらいの集団でまとまって動いたりお客さんからの餌を食べたりと、なかなかアクティブに動いていてちょっと感動。

娘が投げた餌に全然気付かず素通りされて、娘がちょっと怒った感じで声をかけながら残りの餌を投げていて面白かった(笑)

結構距離が近いから、小さな子供でも餌やり体験できそうだったなぁ~。
5歳の娘は余裕でできていたからね。

蹴る力が強いことでも知られているエミューも、こんなに近くで観察できました!

サファリワールドにもエミューがいたんだけど、ここまで近くなかったようなきがする…。多分ね。

足がマジで恐竜みたい。

エミューの柵近くにはオシャレなベンチが設置されていたから、座ってのんびりするのも良さそう(^^♪

晴れた日なんかは、特に気持ちよさそうだよね~。私たちは座らなかったけど(笑)

水の中にいるカバのオブジェ越しに本物のカバが見れたり、芝生も多くてベンチも設置されていて、広々してのんびりした雰囲気の中に動物たちがいて楽しかった!

まるで公園の中に動物園があるような感じで、お散歩するのにもピッタリの場所。

ふれあい広場で動物を見ながらのんびりお散歩していた時に見つけた『鳥の楽園』。

建物の外にいたこのインコ『ここが鳥の楽園の建物だよ~』って知らせるためのオブジェかと思っていたら、本物のベニコンゴウインコでびっくり!

鳥の楽園の中は、様々な種類の鳥が建物内で自由に過ごしていました!

建物内に自然が再現されていて、その景色はなかなかのもの。

だって建物のなかに小川が流れているからね!本当に再現度が高め。

鳥以外には、ゾウガメ・リクガメ・ボリビアリスザルがいたんだけど、リスザルとの距離が特に近かった!

写真で分かると思うんだけど、もう人の足と30センチも離れていないくらい近くにいたからね。ほんと触れそうなくらい。

そしてたくさんの人の目を奪っていた、純白のクジャク。

木の上にいる姿もまた神々しい…

羽を広げた姿もまた、息を吞むほど美しいんだろうなぁ~…。

小川では鴨の親子がいたんだけど、子供たちがあっちこっち行ったりちょっと潜ってみたりとなかなか見れない姿を見れて、その可愛さに大興奮(笑)
もちろん心の中でね!

鴨の赤ちゃんって、テレビでは見たことあるけど本物は初めて見た!
可愛かった~♡

他にも、ガンやカンムリヅル、オシドリやフラミンゴに鮮やかで大きな口ばしのオニオオハシなどなど、たくさんの生き物たちが暮らす様子を間近で観察できましたよ!

鳥の楽園の外観を見た時はそんなに期待していなかったんだけど、一歩足を踏み入れたら遥かに想像を上回る素敵な場所でした!
(個人的な感想ね。)

ふれあい広場の最後は、フレンドハウスでうさぎと触れ合ってきました~。

娘と主人がね。私は撮影係(笑)

フレンドハウスの出入口とは反対側にあったロープに沿って、開始時間の10分くらい前から待機。

プログラムが始まって6分くらいしたら順番がまわってきたから、割といいタイミングで並び始めれたのかも。

体験の様子は…

同時に2組体験できて、それぞれに飼育員さんが付いてくれます。

カゴに入った状態で膝の上に乗せるため、初めて動物に触る子供や触るのが苦手だけどちょっと勇気を出してみた人なども体験しやすいはず!

体験できた時間は、グループによるけど私たちは大体1分半くらい。

その間、娘はずっと優し~くうさぎさんをナデナデしていて可愛すぎた♡(笑)

 

フレンドハウス内は、うさぎやモルモットが暮らす様子を観察できました。

2階建てのモルモットのお家とか、いい感じにできているよね~!

赤ちゃんや幼児にとっては目線がやや高めの位置にあるため、子供を抱っこしてあげたり見える高さまでちょっと子供を持ち上げてあげると良いかも。

 

今回ふれあい広場を回れたのは3分の2くらい。

時間の関係で、モンキー×モンキーやコツメカワウソ、アヒルの方は見に行けなかったのがちょっとした心残り…。

でも、素敵な環境の中でとても近くで動物たちを観察できたから、個人的には満足でした(^^♪

子供と一緒に行って感じたこと

とにかく動物たちとの距離が近いから、子供たちにとっても良い刺激になりそう。

一部は芝生になっていて公園みたいな雰囲気もあるから、小さな子供も自由に歩かせやすいと思います。

しっかり舗装されている道があるし、段差などもほぼ無いからベビーカーや車いすでも楽に移動ができますよ!

動物を見に行く際に、階段があるところはあるけどね。

ちなみに、この階段の先にはカピバラを上から観察できる場所があります。

私が見た中では、ふれあい広場内で階段があるのはここだけ。

もしかしたら見に行けなかった場所にも階段があるかもしれないけど、あったとしても片手で数えられるほどだと思います。

 

そして子連れで気になるのが、おむつ交換できる場所と授乳できる場所。

ふれあい広場内には、授乳室がありません。

授乳室を利用するなら、エントランスドームのお帰り口付近もしくはセンタードームの1階まで行くことになります。

ふれあい広場から近い授乳室は、センタードームの1階。

オムツ交換できる場所については、私が利用したどの女性用トイレにもおむつ交換台があったため、慌てて探さなくても大丈夫なはず。

最後に…

ふれあい広場より先に他のエリアを回っていたから、正直規模とかあまり期待していませんでした…

でも実際に行ってみたら、動物たちがいるほかのエリアとはまた違った柔らかい雰囲気が心地よくて、予想以上に素敵な時間を過ごせたエリアでした!

ふれあい広場での餌やりなど手軽に体験できるので、ぜひ参加してみて下さいね。

個人的には、鳥の楽園が一番オススメです!

では(^^)/