ゆるいろぐ

育児のことや旅行のこと、その他日常などをゆる~くいろいろと書いていこうと思います。

【駅弁レビュー】幕の内弁当 崎陽軒【空弁】

こんばんは。

今日は、飛行機の中で食べた崎陽軒の幕の内弁当のレビューです。

久々に乗る飛行機にビビりながら、初めて飛行機の中でお弁当を食べてきました!

お昼ご飯で悩んだこと

6日から9日まで徳之島へ行った時に、羽田空港から鹿児島空港で乗り換えて徳之島まで行ってきました。
これがまあ移動に時間が凄くかかるんですよね・・・

初日の移動のとき、お昼ご飯に何を食べるか・どこで食べるか悩んでいました。

このときの飛行機は、羽田空港10時15分発・鹿児島空港12時着、鹿児島空港13時05分発・徳之島空港14時15分着でした。

鹿児島空港に着いてから空港内でレストランなどに入って食べようかと思ったけど、混んでいたり料理がすぐに出てこなかったときは乗り換えの時間に間に合わない可能性が高いし、一度出てレストランなどに入っても再び出発保安検査場を通らなければならなくなるからもっと時間に間に合わなくなるから、鹿児島空港でレストランを利用するのは諦めました。

次に徳之島空港に到着してからお昼ご飯を食べる案。
到着が14時15分で、そこからお店を探して食べるのはお昼ご飯の時間としては遅すぎるし、娘のお腹も減ってぐずる可能性が高いのと、娘がお昼寝してしまうかもしれない!ということで却下(笑)

羽田空港で食べてから飛行機に乗るか?とも思ったけど、それだとお昼ご飯の時間には早すぎる・・・ってか、むしろ朝ご飯の時間帯!ということで却下。

お昼ご飯のことを考えながら、出発保安検査場を通って搭乗口のほうへ進んでいくと、出発ロビー内に「ブルースカイ」というお土産の和洋菓子やお弁当、飲み物、新聞雑誌など色々な物が販売されているショップや、うどんやお蕎麦が食べられるちょっとしたレストランなどがたくさんあったので、ブルースカイでお弁当を買って飛行機内で食べることに。

食べてみた。

f:id:yukky28:20180715234713j:plain
今回も、娘に取り分けて食べさせられそうなお弁当と娘用のおにぎりを1つ購入。
いろいろなお弁当が販売されていたけど、娘に取り分けることを考えるとこのお弁当が良いかな~と思って。

価格は、税込みで1050円

他のお弁当は価格が高めのものが結構多かったけど、このお弁当は安かったな~

お弁当が待ちきれない娘の手も写ってた(笑)

f:id:yukky28:20180715234853j:plain
お弁当の中身は・・・

・俵型ご飯(小梅・黒ごま)
・香の物
・シュウマイ3つ
・赤魚の照り焼き
・玉子焼き
・かまぼこ
・人参と里芋の煮物
・エビフライ
・鶏のから揚げ
・とんかつ
・筍煮

かなりボリュームたっぷりのお弁当でした。

娘には、玉子焼きとかまぼこ、人参と里芋の煮物、シュウマイを1個半くらい取り分けて食べさせました。
あと勝手に筍煮を掴んで食べてた(笑)

筍煮はめっちゃ味が濃くて出来れば食べさせたくなかったけど、娘は気に入ったのかもりもり食べてた・・・

シュウマイは安定の美味しさだったけど、とんかつが油っこすぎてちょっときつかったな~

筍煮の味が濃すぎるのととんかつの油っこさを除けば、美味しいお弁当でした。
エビフライもちょっと油っこかった気がする!

申し訳ないけど、ご飯と筍煮を半分くらい・とんかつは一口だけ齧って残しました。
ちょっと量が多いのと、筍煮の味が濃い・とんかつが油っこくて全部は食べきれませんでした。
まあ、飛行機が怖くて緊張して喉を通りにくかったのもあったかも(笑)

最後に・・・

実は、飛行機内でお昼ご飯を食べるのにちょっとだけ抵抗がありました。

飛行機がめっちゃ怖いのにそんなところでご飯を食べるとか喉を通らない!とか、娘を膝の上に乗せている状態で狭いのに、テーブルを出してお弁当を開けて娘に取り分けて・・・ってやっていると窮屈だし食べにくい!とか思っていたから(笑)
新幹線と違ってすごく狭く感じたんですよね~

結局、何とか飛行機内でお弁当を食べられたけどすごく疲れました。
飛行機が怖いから全身に力が入っているし、娘に取り分けなきゃいけないし、自分も食べなきゃいけないし・・・で、何とか頑張りました(;’∀’)

まあ飛行機内でてんやわんやしながらお弁当を食べたおかげで、食べ終えたときにはあとちょっとで鹿児島空港に到着って感じでフライト時間が短く感じたから、恐怖心が多少薄れたのは良かったかな(笑)


お弁当を食べた感想は、あくまでも個人的なものです。