ゆるいろぐ

育児のことや旅行のこと、その他日常などをゆる~くいろいろと書いていこうと思います。

【徳之島】樹齢約300年のガジュマルを見に行ってきた!

こんにちは。

今日は、徳之島旅行の際に見に行ってきたガジュマルを紹介します(^^)/

この日は、夜におばあちゃんの家に親族で集まってBBQでした。
でも集合する時間まではフリーだったので、海で遊んだり島のいろんなところを観光してきました。

小さいころから何度も徳之島に行っていて、ムシロ瀬とかソテツトンネルなど有名な観光地は知っているし行ったこともありました。

今回の観光にガジュマルを選んだのは、徳之島の観光パンフレットを見て初めて知ったから。
しかも見てみるとなんと樹齢300年!!
パンフレットの写真を見ても結構迫力があるし、ガジュマルは奄美地方や沖縄、東南アジアの亜熱帯でないとなかなか見られないだろう!ということで、見に行ってきました(*’ω’*)

ガジュマルはどこで見られるの?

f:id:yukky28:20180806154100j:plain
こちらが徳之島の全体図。
(写真はパンフレットから。)
縦に長い島ですね!

f:id:yukky28:20180806154127j:plain
ガジュマルは、徳之島の下のほうに位置する伊仙町の阿権集落で見ることができます。
赤い四角のところ)

どうやって行けばいいの?

まず、徳之島内は基本的に車移動となります。
路線バス・あいのりバスがあるけど、観光するなら時間のことなどでかなり不便だと思います。
そのためレンタカーを借りるのが、時間の面でもバス停を気にすることなく行きたいところに自由に行ける面でも、すごく楽!

今回の3泊4日の旅行では、ちゃんと4日分レンタカーを借りて行ってきました。

特にガジュマルには車じゃないといけないと思います。

さて、どうやって行けばいいのかですが・・・
実際に行ったときには、どうやって行けばいいのか全く分からず(;'∀')ナビに入れようにも住所がよく分からないし、電話番号を入れられるナビだとしても電話番号が分からないし(笑)

とりあえず、ざっくりとした住所“鹿児島県大島郡伊仙町阿権”とナビに入れて行ってきました。

まあ道に迷いつつ、集落に入ってからは本当に小さな看板もあったから何とか行くことができたけど!

県道83号線を走り「ようこそ阿権へ」の看板があるところで集落に入っていくと、すぐ阿権の地図が見られるので、地図を確認して進んでいきます。
(地図の場所から先は、ほとんど真っ直ぐ進んだ気がする!)

途中には小さな看板(ガジュマルはこっち→みたいな小さいやつ)もあったので、たどり着けると思います。

徳之島空港から車で30分ほど。
亀徳新港からは車で25分ほど。

行ってきたよ!

f:id:yukky28:20180806154612j:plain
ガジュマルに到着して、車を降りてすぐのところ。

何とこの石垣、サンゴ礁を使っているそうです!
すごく沖縄っぽい雰囲気だし、普段なかなか見ない光景で不思議な感じ。

ここでもうすでにガジュマルが少し見えてます。
(写真の中央よりやや右寄りの半分から上に)

f:id:yukky28:20180806154738j:plain
石垣に沿って少し進んだところ。
ほぼガジュマルの木の下あたり。

車を止めたところから少し進んだだけで、なんか別の世界にグッと引き込まれた感覚がありました。

そして上を見てみると・・・

f:id:yukky28:20180806154817j:plain
立派な樹齢約300年のガジュマルの木を近くで見ることができました(*’ω’*)
もうね、枝の1本1本がしっかりしていて力強いの!

ガジュマルは、徳之島各地で見ることができますが、この阿権のガジュマルは島内随一の大きさを誇っています。

そして、ケンムン(精霊)が宿っているとも言われています。
沖縄ではキジムナーと言われていますね!

今から約300年前といえば、江戸時代の中頃くらいかな?
徳川吉宗が将軍になるあたりとかかな?
江戸時代とかそんなにも前の時代から成長していると思うと、本当に力強い木だな~と感じます。

f:id:yukky28:20180806154905j:plain

f:id:yukky28:20180806154925j:plain
ちょっと別角度から。
どの角度から見ても本当に迫力が凄い!
個人的には、少し畏怖も感じました。
ガジュマルの木の生命力がそう感じさせたのかも。

f:id:yukky28:20180806154958j:plain
最後に、ガジュマルの木の位置より少し奥に進んだところから、車を停めた入り口のほうへ。
車までの道は結構短いはずだったけど、私はなんか少し長く感じました。
うん、不思議。

ちなみに、このとき娘は爆睡していたので全く見られず・・・
幼い娘なら、ケンムンと会えたかもしれませんね。

最後に・・・

到着して車を降りてすぐ石垣とガジュマルの木を見ることができたけど、周りに自販機とか駐車場とか本当に何も無いし、なんてったって人様の屋敷の敷地内に生えてる!
(そのため、石垣の中の屋敷内へ入ってはいけません。)

だから観光スポットって感じは一切無かったけど、実際に見に行ったら生命力?とかいろいろ感じて圧倒されたし、自然って本当にすごいって思いました。

そりゃ観光スポットにもなるし、パンフレットでも紹介されるわね!

人様の屋敷の敷地内なので中に入ることはできず、屋敷を囲む石垣から見ることになるので、滞在時間(見る時間)は他の観光スポットと比べるとかなり短くなると思うけど、徳之島に行った時にはぜひ見に行ってその生命力とか感じてほしいと思うほどオススメの観光スポットです(´-`*)